プロテイン置き換えダイエット

私はプロテイン置き換えダイエットをやっていました。

夕食のみをプロテインミルクに置き換えるもので、その他の食事の制限はなし、特に運動もせずに普通に生活し、夕食に誘われれば外食もするという、割とゆるめのスタンスでしたが、個人的には一番効果がありました。

とはいっても10キロ減量に成功したとか、ウエストが10センチも細くなったわけではありませんが。

結果から言いますと、半年で体重は3キロ減量。

しかし体重よりも体が引き締まったように感じます。

実際にパンパンだったジーンズも太ももに余裕ができ、ウエストは拳一個分ほどゆるゆるになりました。

何よりも成功だと感じたのは、半年も続けられたこと。

プロテインの味は、バニラとストロベリーとココアの3種で気分によって変えていましたが飽きることもなく、プロテインに慣れるとお腹も満たされやすくなって、暴飲暴食もしなくなりました。

動物性のプロテイン商品が圧倒的に多いので、大豆プロテイン商品を選ぶようにしたのも良かったのかもしれません。

プロテイン商品は効果を大々的にうたっているものよりも、自分の好きな味の物を選んだ方が、飽きずに長く続けられるのでダイエット効果も上がると思います。

置き換えダイエットの失敗

一日一食か二食をドリンクに置き換えて、カロリーをセーブする置き換えダイエットを行いました。

最初は慣れる為に朝食だけしようと始めたのですが、なかなか効果が出ない事から焦り始めて、一日二回に変更したのです。

元々食べる事が大好きで、二食食べれないと思うと一日一回の食事を大量に食べてしまうという悪循環にはまってしまいました。

しかし、この方法はカロリー計算もしなくていいし、一食は好きなように食べれるという事で続けていこうと頑張っていたのですが、次第に段々と体調が悪くなってきてしました。

一日二回にしても体重の大きな変化を見る事なく、ストレスだけが溜まっていってしまったのです。

何故、体重が変化しないのだろと考えても、一食の食事の量がカロリーの高いものを食べてしまっていたという事もあり、逆に脂肪を吸収しやすい体質へと変わっていっていたのです。

しかし、ドリンクは沢山注文してあるので途中でやめるものもったいないと思い続けていたら、今度は食べても食べても食べたい衝動にかられてしまい、過食症になってしまったのです。

そうなると、ダイエットも中止になり、結果失敗に終わってしまったのです。

食事制限のダイエットは合ってませんでした。


PAGE TOP