食事制限ダイエットのメリット・デメリット

大会に向けて効率的に減量を行おうということで、効果がすぐに現れる食事制限ダイエットを行った。

食事制限ダイエットの内容は、朝早く起きて朝食をとり、昼食は野菜ジュース等のみ、夕食は17時くらいに普通にとりそれ以降は何も食べないというもの。

効果はみるみる現れ、体重も減量し始めたが、ある程度してから頭打ち状態になり、そこから増えも減りもしなかった。

胃袋が小さくなったことも功を奏し、2か月ほどで約10キロの減量には成功。

しかし、実際には減量によって体力が低下していたこともあって、大会参加時には体力不足から予選敗退となってしまった。

食事制限ダイエットの効果を振り返ってみると、減量という部分にだけ着目してみると効果は抜群であり、実際に胃袋も小さくなったためか今まで食事量が多かったのも、少しの量で満足するようになったのは大きな成果であったと感じている。

しかし、それに並行して運動を行っていなかった分、体力が低下してしまい、また代謝も低下してしまっていたため、それ以降のダイエットに効果が現れず、体力低下を促進してしまうことになった。

もう一度挑戦するのであれば、食事制限ダイエットに並行して運動を取り入れることで基礎代謝を向上させ、体力を維持した状態でダイエットに取り組みたい。

一食置き換えダイエットを試してみました

産後増えた体重が中々戻らずダイエットを決意!
1日の食事の内の一食をスムージーに変えるというダイエットを試してみました。

テレビCM等でもよく目にする商品だったので、効果に期待しながらダイエット開始!
一番効果のありそうな夕食をスムージーに変更する事にしました。

私は大好きな豆乳とわる方法で試しました。

スムージーの粉末と豆乳をシェーカーに入れてシェイクするだけ。

本当に簡単に出来ました。

ゆっくり時間をかけて飲んでいくと、半分位でお腹が膨れてきました。

何とか全部飲みきるとかなりの満腹感で、これならば食事と置き換えてもお腹が空いてしまったりはしなそうだなあと感じられました。

日替わりで何種類かの味を楽しみながら1ヶ月半程続けてみたのですが、結果お肌の調子やお腹の調子は整ったのですがダイエットとしては失敗に終わりました。

太ってしまった等は無かったのですが、ダイエット前後の体重が0.5キロしか変化していませんでした。

恐らく使用した商品が悪いのでは無く、私の普段の食事量と置き換えたスムージーの差があまり無かったのではないかと思っています。

普段の生活を思い返してみると元々私は一回の食事量が少なく摂取カロリーも低かったのです。

私は楽しみながら続けられたので満足していますが、普段から少食の方にはあまり向かないダイエット方法だったなあと思いました。


PAGE TOP